【今、自治体の長に必要なこと】くれはまゆみ(前木津川市議会議員)講演会のお知らせ


《e未来の会9月例会》​

【今、自治体の長に必要なこと】

市の未来は、たしかな市民の暮らしにあってこそ!

くれはまゆみ(前木津川市議会議員)をお招きして

くれはまゆみさんは2003年に木津川町議会議員に初当選をされ、2007年、京都府相楽郡の木津町、山城町、加茂町の3町の合併を議員として経験された後、「ひとりひとりが尊重される市政に!」をキャッチフレーズに、もっと住みよい、市民が主役のまちづくりを目指して、2015年の市長選挙へチャレンジされました。

残念ながら当選には至りませんでしたが、その後も、市民の居場所づくりのために、『KIZUGAWA寺子屋』や『かぶと台ふれあい市』の定期開催、コミュニティバス改革のタウンミーティングなど、多岐にわたり活動を続けておられます。「政治とは日々の暮らしと遠いところじゃない。市民力の向上がいる」と常に発信されている、くれはまゆみさん。今回は市長へチャレンジした経緯や、自治体の長に必要だと感じられている思いなどをお話していただきます。

◆日時:2018年9月29日(土)  

午後2時~ 午後4時30分

◆場所:ラボール京都(四条御前)

◆参加費:300円

◆主催:e未来の会


特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

©2017 by e-mirainokai.