©2017 by e-mirainokai.

Please reload

最新記事

安倍政権を倒したい人々にこそ知って欲しい! 全てのひとびとのための経済学講座 第2回開催のお知らせ

June 8, 2017

1/2
Please reload

特集記事

京都市議会議員選挙総括

2015/05/07

━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥‥‥‥‥……

緑と市民とネット運動e未来の会メールニュース No.27

     ……‥‥‥‥‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◆e未来の会運営委員会の京都市議会議員選挙の総括です

5月7日開催のe未来の会運営委員会で、4月にチャレンジした京都市議会議員選挙の総括がまとめられました。ご報告します。また、目前に迫っている向日市へのチャレンジに全力で取り組むことも確認されました。

 

京都市議会議員選挙 総括

 

 緑と市民とネット運動・e未来の会は「政治を市民の手に」というスローガンのもと、2015年の4月の京都市議会議員選挙に、共同代表のしらつか悦子さんと鈴木勇子さんがそれぞれ下京区と右京区から立候補することを決定しました。さらに左京区から立候補を決めていた広海緑朗さんを推薦し、3人の候補者が揃ったことを受け。2015年2月に確認団体「市民ネットワーク・きょうと」を結成して選挙に臨みました。

「市民ネット」の3人の立候補者の得票数と得票率は、左京区の広海緑朗さんが2,282 票(4.1%)、下京区の白塚悦子さんが 1,017 票(4.3%)、右京区の鈴木勇子さんが 1497票(2.4%)でした。

 

左京区の広海緑朗さんは,音楽関係の若い人たちを中心に、インターネットなどを積極的に使う選挙運動を展開しました。このネット選挙と呼ばれる選挙活動がどこまで票につながったかは分かりませんが、今まで政治に関心のなかった若い層が動き出した意義は大きいと考えます。

 

下京区の白塚悦子さんは立候補宣言が1月、実際に活動が始動しはじめたのは3月に入ってからで、実質1ヶ月半の選挙活動でした。反原発運動の金曜日関電前行動の若い人たちを中心にした選挙であり、保守地盤と呼ばれている下京区で1000 票を越えた意義は大きいと考えます。下京区全戸 40000 戸のチラシ配布を計4回行い、このパワーが票につながったと考えられます。また、金曜日関電前行動を出発点とした選挙として大勢のボランティアの参加があり、市民運動のつながりが広がっていく場としても機能したと考えます。

 

右京区の鈴木勇子さんは,右京区の旧京北町からの立候補であり、「里山とまちをつなぐ架け橋」として活動を行いました。右京区の市街地でどれほどこのことを受け止めてくれ,投票してくれた人がいたかが難しい問題ですが、京北ではかなりの支持を受けたのではないかと考えています。電話による訴えは京北を中心に行いましたが、投票日が近づくにつれて、どんどん鈴木勇子に投票すると言ってくれる人が増えていました。また、この選挙を通して京北で古くから活動してきた方たちとつながることができました。

 

残念ながら議席を得ることはできませんでしたが、3人の立候補者が確認団体「市民ネットワーク」として活動できた意義は大きいと考えています。それは単に、確認団体として選挙期間中も宣伝カー・チラシ配布・ポスター掲示のような政治活動が可能になったというだけではありません。また、左京区・下京区,・右京区という、京都市の中での空間的な広がりの中で表現し得たことにとどまるものでもありません。立候補した3人は、それぞれのカラーが異なる立候補者でした。それぞれ個々の立候補者が表現し、人々に提示できるものには限界があります。それはいままで生活、あるいは活動してきた世界に否応なくしばられることになります。しかし、カラーの異なる候補者が市民ネットワークというかたちで登場することで、どのような政治的な主張なのかを部分的なものではなく、全体的に示しえたのではないかと考えます。

 

京都市議選を含めた全国統一自治体選挙では、低投票率のあおりを受け、大きな政党に属さない市民派候補、特に新人には厳しい選挙となりました。長期にわたる自民党政権下で募った、そして民主党への失望から来る政治不信は非常に根強く、国政・自治体共に投票率は低下を続け、無投票の地域も増え続けています。市民が既存政党とは違う、新しい政治のかたちを求めていることは明らかです。

 

今回の「市民ネット」としての挑戦は、脱原発・脱被曝・里山の保全などの問題を訴える運動として、そして「政治を市民の手に」取り戻すための一歩として、大きな意味を持った挑戦だったと言えます。今後も私たちは、政治へのチャレンジを続けることで、市民の希望となることを目指して行きます。

 

2015年5月7日

                      緑と市民とネット運動・e未来の会運営委員会

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索