©2017 by e-mirainokai.

Please reload

最新記事

安倍政権を倒したい人々にこそ知って欲しい! 全てのひとびとのための経済学講座 第2回開催のお知らせ

June 8, 2017

1/2
Please reload

特集記事

市民ネットワーク・きょうと結成

2015/02/20

 

【市民のみなさん】
 
私たちは、4月の統一自治体選挙で市民の声を市会に届けようと広海ロクロー(左京)、しらつか悦子(下京)、鈴木勇子(右京)についてそれぞれに立候補の準備を進めてきました。
 
このたび、その3つのグループをもとに、「政治を市民の手にとりもどす」「原発のない社会を実現する」「戦争をしない国をこどもたちにのこす」「格差のない社会をつくる」という共通の立場から「こども」「エネルギー」「防災」「食」を課題として『市民ネットワーク・きょうと』を立ち上げ、確認団体として共同で選挙に臨むことを合意しました。
 
今、この国が本当に危険な道に踏み込もうとしているとき、そのことに明確に対峙しそれを押しとどめるだけの有効な力がなかなか示せない中で、私たちが生活するこの地域から、私たち自身の力で政治を変えてゆく一歩をともに踏み出していただけれぱと思います。
 
 
【誰も成しえなかった挑戦が、ここにはある】
 
京都市ではこれまで幾度か市民グループがいわゆる市民派議員を誕生させるために挑戦してきました。 
 
その度に既成政党の壁にぶつかり、残念な結果となってきましたが、その理由の一つに無所属候補に不利な選挙制約があります。 
 
政党と認められた政治団体の公認を得ていないと選挙ではとても不利な条件を課せられるのです。
 
選挙期間中に政党なら配れるチラシが配れなかったり、ポスターも貼れなかったり、街宣カーも少なくなります。
 
しかし、その不利な条件をなくす方法がひとつあります。
 
それは「確認団体」をつくること。
 
一つの政治団体から3人以上の候補者が出ると「確認団体」として認められ、前述の不利な条件がなくなり他党と同等の選挙が可能になります。
 
お互いを拘束することのない「無所属議員の会派」のように思っていただけるとわかりやすいでしょうか。 
 
党の利益や都合に左右されない。 
 
それぞれの想い・信条をそのままに、まさに「三本の矢」のごとく結束した3人の決断。
 
私たち自身の手で政治を変えていく。
 
その挑戦の道を3人と一緒歩いてみませんか。
 
 
 
下記の通り結成集会を予定していますのでぜひご参集ください。
 
日時:2015年2月22日(日) 午前11時~12時
 

場所:キャンパスプラザ京都 第4講義室
 
参加費:無料
 
事前予約:不要

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

タグから検索