​ 活動報告

2017/11/27

【12・23脱原発デモ@京都】
大飯原発再稼働反対!全ての原発即廃炉!世界中で進む脱原発。しかし安倍政権は原発をゴリ押しを強行しようとしています。みんなで脱原発の声を上げ、脱原発の輪をさらに強く大きなものとしましょう。
◆日時:2017年12月23日(土)
    午後3時集合午後3時30分出発
◆集合場所:京都市役所
◆デモコース:京都市役所~四条河原町~円山公園
◆主催:e未来の会


 

2017/11/04


11月4日、山本太郎×ひとびとの経済政策研究会+e未来の会presents安倍政権を倒したい人々にこそ知って欲しい!全てのひとびとのための経済学講座第4回を開催しました。本日最終回でした。今講座の集大成と呼ぶにふさわしい内容で、反緊縮政策の具体的内容からベーシックインカムに至る流れを、兆大なデータを使って山本太郎参議院議員が説明してくれました。市民による市民のための経済学の足がかりになればと思います。

当日会場で資料として配布された、「反緊縮マニフェスト2017(案)」のPDFデータはこちらです。

https://economicpolicy.jp/2017/12/04/1022/

《参加者感想①》

会場はほぼ100名で満席。難しい経済学の講座にこれほどの関心が集まってきたことに毎度驚きます。「リベラルとか左翼って言われる人たちで経済をテーマにした勉強会は無いですから」と、ある参加者は言ってくれた。e未来の会で経済政策は必要だとずっと思ってきたが、松尾匡さんや朴さん、西郷さんが研究会を立ち上げ、山本太郎さんが関心を寄せて学びたいと言ってくれて実現した講座。最終回と思うと寂しくなる。松尾さんや朴さんが練り上げた内容を、"紙芝居"と称するパワポで山本太郎さんが読み上げて展開していくいつものスタイルに、約100人の参加者は聞き入った。今日は「不安を打開し、希望をとりもどす!」として、新しい健全派の経済政策とは、の解説、最後にはベーシックインカムの提案、過去に実現不能と言われたことも今は実現できている事例に及び、これから始めよう!と呼び掛けた。研究会の提案に賛否はあると思う。それでいい。まずは案を投げ掛けた。これを叩き台にできればいい。いまの社会を変えたい。その為に必要な要素のひとつで、左翼とかリベラルとか言われるひとびとの"苦手"だった経済政策を、私たちのスタンスから提案できる糸口が出来た。

《参加者感想②》

山本太郎×人々の経済政策研究会「全ての人々のための経済学講座」の最終となる4回目が京都市の中京区で開かれました。自民党に負けないための経済政策提言を野党に提言する、選挙で「経済」を話すための基礎講座を市民が学ぼうという形を具体化したものでした。それを研究会の朴勝俊関学教授がシナリオを書き、山本太郎がそれを紙芝居よろしく読み上げる形で自ら経済を学び、松尾匠立命館教授が質問に...

Please reload

最新記事
Please reload

​カテゴリー
月別アーカイブ
Please reload

タグから検索

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

RSS Feed

©2017 by e-mirainokai.