​ 活動報告

2019/08/02

緑と市民とネット運動e未来の会・第5回(2019年定時)会員総会を、2019年7月28日(土)に開催しました。議案は賛成多数で全て可決されました。2019年度方針を掲載します。

《2019年度活動方針》

私たちe未来の会は、「市民が社会問題・政治活動に参加するための枠組み」として2014年に結成しました。そして2015年と2019年に、「市民社会を強くする」ことを目的に自治体選挙にチャレンジしました。しかし、政令指定都市議選の壁は厚く、2015年、2019年共に議席を得ることはできませんでした。一方、京田辺市では議席を獲得、はじめての会員議員が誕生しました。e未来の会の活動はこれまで月1の例会を中心とし、自治体選挙へのチャレンジを目指してきましたが、今年度は今後の活動を見直し、新しい方向性を見出すことに軸を据えたいと思います。

①会員100名の維持

②活動の継続

「会員例会」を年最低4回継続する

③活動拠点の再建を検討する

e未来の会共同代表で、京都市議選にチャレンジした、しらつか悦子さんの事務所が今後1年は維持されることになりました。e未来の会は、しらつか悦子さんの事務所を共同使用し、家賃の一部を負担します。

2019/07/11

緑と市民とネット運動e未来の会・第5回(2019年定時)会員総会

を下記の要項で開催します。

日時:2019年7月28日(土)13:30~16:00

場所:ラボール京都4F北会議室

(京都市中京区壬生仙念町30-2四条御前北側)

議案書等の文書を郵送させていただきました。まもなく届くと思います。

ご参加よろしくお願いします。

2018/11/17

                    白塚悦子さん

                    吉高裕佳子さん

                     呉羽真弓さん

e未来の会は、11月17日に開催された臨時総会で賛成多数により、以下の立候補予定者を推薦することとなりました。

白塚悦子さん 

吉高裕佳子さん 

呉羽真弓さん 

推薦した立候補予定者とともに、市民の声を政治に反映させるべく全力を尽くします。ご協力よろしくお願いします。

2018/10/08

e未来の会臨時会員総会を開催します。議題は、2019年統一自治体選挙立候補予定者の推薦と応援の件です。会員の方に議案書を郵送しましたのでご確認ください。臨時会員総会への出欠確認ハガキと、出席されない方は委任状の返送をよろしくお願いします。ぜひ、出席の方よろしくお願いします。

e未来の会・第5回(2018年臨時)会員総会

日時:2018年11月17日(土)

    14:00~15:00 総会

    15:00~16:00 懇談会

場所:ラボール京都4階第9会議室

(京都市中京区壬生仙念町30-2)

2018/03/26

2018年度e未来の会総会が、3月25日に開催されました。活発な議論の後に議案は採決にかけられ、賛成多数で承認されました。2018年は、承認された以下の方針に基づいて活動を行っていきます。

【2018年度活動方針】

私たちe未来の会の最大の特徴のひとつは、会員の男女比が男性70名:女性72名(2018年2月現在)と、女性比率が高いことにあります。これは運動体にとして、非常に稀だと言えます。私たちの活動の意義はその理念や行動だけでなく、意思決定の権利を持たなかった或いは行使してこなかった女性が、会の一員として決定に参加し活動できる場として存在することにあります。

2018年は、自民党安倍政権による改憲の動きが本格化することが予想されます。また、原発の再稼働ばかりか海外輸出を強行し、国内ばかりでなく海外に危機を拡大しようとしています。これらの動きは、私たちが追求して来た、持続可能な社会、参加型民主主義、平和主義、そして女性をはじめ多様な人々の生き方・働き方を認める「自由」を脅かすものです。私たちは、地域に根差しながら、ひとりひとりのくらしが国や世界とつながっている、という視点に立った運動を継続するとともに、広く参加を呼びかけます。そして、2019年に行われる統一自治体選挙及び参議院選挙でのクオータ制の実現を追求すると共に、本当の意味での「市民参加型選挙」とするため、準備を進めて行きます。

① 会員150名の目標達成

② 活動の活性化

  1)「会員例会」を月一回開催することを継続する

2) 地域e未来の会の活動促進と拡大を図る

③ 2019年度に実施予定の統一自治体選挙と参議院選挙に取り組む準備を進める

④ 活動拠点の再建を長期的に検討するとともに、広報活動の強化をはかる

⑤ e未来の会の「わたしたちが考えていること」を具現化するための政策研究を行う。再生可能エネルギーと経済政策に関する知見をより深める

⑥ 政治課題、社会問題を可視化するための運動を作り出す。現政権下での改憲阻止と立憲主義を打ち出し、脱原発運動に取り組む

⑦ e未来の会の理念と課題を共有する社会運動との連携を図る

2017/03/18

2017年3月18日(土)にe未来の会第三回会員総会が開催されました。議案は挙手と委任状を合わせた採決の結果、全て賛成多数で可決承認されました。決定された2017年度活動方針を掲載します。

■ 2017年度活動方針 ■  


現在、3・11以来吹き出した社会矛盾を押し隠そうとする後ろ向きな圧力が内外で強まっています。その中にあって、私たちe未来の会は、現代が参加型民主主義を基にする持続可能社会に向けた文明転換の途上にあるという時の流れを見通し、その流れを力強くする運動の一翼を担っています。

今期は、この経験の蓄積と継承を保証する運動の形を広く人々に知らしめ共有する一年とします。具体的には、インターネットや例会を介した情報発信を強化し、社会運動の再活性化を図る中から多くの人々にe未来の会への参加を呼びかけ、新会員と地域e未来の会の拡大に努めます。それを土台として、本年度に予想される衆議院選挙と2019年に実施される自治体選挙に、多くの市民が主役として政治参加できるよう準備体制を整えます。

①会員150名の目標達成
②活動の活性化
1)「会員例会」を月一回開催することを継続する
2)地域e未来の会の活動促進と拡大を図る。
③2017年度衆議院選挙において、e未来の会の理念を共有できる候補者の支援を検討する。
④2019年度に実施予定の自治体選挙に向け準備に入る。
⑤活動拠点の再建と広報活動の強化。特にインターネットを介した情報発信を強化する。
⑥e未来の会の「わたしたちが考えていること」を具現化するための政策研究を行う。特に、経済政策の研究は重点的に取り組む。
⑦政治課題、社会問題を可視化するための運動を作り出す。特に脱原発運動は重点的に取り組む。
⑧e未来の会の理念と課題を共有する社会運動との連携を図る。

2017/02/27

━━━━━━━━━━━━━━━━‥‥‥‥‥‥‥……

緑と市民とネット運動e未来の会メールニュース No.111

     ……‥‥‥‥‥‥━━━━━━━━━━━━━━━━

緑と市民とネット運動e未来の会・第3回(2017年定時)会員総会

を下記の要項で開催します

日時:2017年3月18日(土)13:30~

場所:ラボール京都4F第10会議室(中京区四条御前)

議案書等の文書を郵送させていただきました。まもなく届くと思います。

総会に引き続き、14:30より

グローバルグリーンズ・リヴァプール大会に向けて:長谷川羽衣子アピール

を開催します。GGリヴァプール大会は、緑の党90ヶ国による世界大会ですが、緑の党の方以外にも、注目される会議です。移民問題、極右勢力の台頭、イギリスのユーロ離脱、アメリカのトランプ政権の誕生などにゆれるヨーロッパにあって、緑の党がどのように考えているのか?、アジア、アフリカの代表はどうか? 変動の世界情勢での重要な会議になるのではないかと予測されます。e未来の会の共同代表の一人である長谷川羽衣子さんが、日本の派遣団長として参加します。リヴァプール出立を前にして、伝えて欲しいこと、聞いてきてほしいことを話し合う予定です。ぜひご参加ください。

また費用がかかりますが一緒に参加される方を募っています。党員でない方も可能です。

【グローバル・グリーンズ リヴァプール大会概要】

会場: イギリス・リヴァプール Arena and Convention Centre Liverpool (ACC)

日程: 2017 年3 月30 日(木)~4 月2 日(日)

詳細: http://greens2017.org/(英語) に随時更新

参加費用:約40~45 万円(予定)

※航空券・イギリス国内移動費・大会参加費・通訳費含む。食費は含みません

※航空券の手配や旅程管理などは旅行代理店(株)マイチケットに委託します。

■政策トピック/気候変動とエネルギー/環境保護セミナー/水産養殖/税・脱税について/緑の党国会議員によるセミナー/女性政治家のエンパワーメント/各国緑の党の選挙戦略/緑のイデオロギー/デジタル・デモクラシー・ワークショップ

その他、自由にテーマを持ち込んでプレゼンテーションや対話ができる時間と場所が確保されています。また、午前と午後のテ...

Please reload

最新記事